あぶらとり紙などを使う場合のコットンケア

あぶらとり紙は今ではもうコスメ品の定番。
いつもポーチの中に入れたりして特に夏場などでは大活躍します。
普段から服のポケットなどにも入れていつでも取り出せる様にしていらっしゃる方も多いと思います。

乾燥肌や敏感肌の状態では私たちのお肌をコーティングしてくれている「皮脂膜」がバランス良くお肌の状態と噛み合っていない状態にありますがこの皮脂膜、要するに油分と水分がうまく混ざり合っていなければ乾燥肌、あるいは敏感肌の状態を繰り返したりどちらかに偏りがちになります。

普段からのスキンケアの中でこのバランスを促したり調整したりしていく必要がありますがあぶらとり紙などでそのまま皮脂膜を吸収させてしまうとお肌の水分まで一緒に飛んでいってしまいますのであぶらとり紙を使った後には私はしっかりとコットンなどで水分を補給し、そのあとしっかりその水分が逃げない様にブロックするコスメ品をつけています。

化粧水などを含ませたウェットコットンなどが便利ですのであぶらとり紙と一緒にいれておくと大変重宝します。
特に夏場は化粧崩れなどもありますのであぶらとり紙で皮脂を吸収した後はしっかりブロックする事が大切だと思います。

ブロックに最適な化粧水としてオススメなのが、咲水化粧水ですね。一度、使ってみてくださいね。